飛騨高山おもてなし文化振興協会は、芸妓の育成を目的として平成25年4月に設立されました。

かつて飛騨高山では多くの芸妓さんが活躍していましたが、その数は4名にまで減ってしまいました。

こうした芸妓の減少に歯止めをかける為に、当協会の支援がスタートしたのです。

現在では2年間の稽古プログラムを受けた7名の受講生も、既にお座敷で活躍しています。

 

おもてなし文化や伝統芸能を総合的に修得し、一生ものの芸を身に付けてみませんか?

高山市内にて芸妓活動をして頂ける方を随時募集しています。



芸妓のお仕事とは?

飛騨は良質な水に恵まれた酒どころ。宴席では日本酒が好まれ、今でも祝唄「めでた」を唄ってから無礼講、といった文化が残っています。芸妓さんは、そこに華を添えてくれる、なくてはならない存在なのです。

体験イベント

普段は宴席でしか見ることのできない「お座付」に代表される飛騨のおもてなし文化を気軽に体験していただける体験会を開催しています。

詳しくはコチラ

新規受講生募集!

芸妓になってみたい!という志のある方を、新規受講生として募集しております。

お稽古代の助成などをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはコチラ